【インドネシア/バリ】バリ島から日帰りで行ける離島!”レンボンガン島”<2019年最新情報>

【インドネシア/バリ】バリ島から日帰りで行ける離島!”レンボンガン島”<2019年最新情報>

バリ島にも魅力は沢山ありますが、バリ島から行ける離島には絶対行ってほしい!

日帰りでも行くことができるので、今回は離島についてご紹介します!

①バリ島から日帰りで行ける離島「レンボンガン島」とは?

IMG_2060

レンボンガン島は、バリ島から船で約30分で行ける離島です。

バイクで走ると1周2時間ほどで回れる小さい島!”海が綺麗”ということでも人気があります。

※バリ島と比べると海の色が全然違います。圧倒的にレンボンガン島が綺麗です。

観光客も少なく、まったり過ごせます。

②レンボンガン島への行き方

IMG_1132

バリ島からレンボンガン島への移動は、船で移動するのが一般的!

いろんな場所からレンボンガン島へ行く船は出ていますが、バリ島の東海岸「Sanur(サヌール)」がオススメ。

理由は、発着する船便が便数が多く、移動時間が短い(約30分)ため!

私も「Sanur(サヌール)」から行きました!

値段は往復で550,000ルピア(約4200円)。

レンボンガン島への行き方:船が一般的

船の出発地:バリ島の東海岸「Sanur(サヌール)」

住所:Jl. Hang Tuah No. 27, Sanur, Kota Denpasar, Bali 80227

値段:往復で550,000ルピア(約4200円) ※船会社によって価格は変わります

③レンボンガン島で「島一周」してみよう!

IMG_1967

レンボンガン島に着いてやってほしいことは、「島一周」!

値段も安いのでツアーがオススメ。

約3時間かけて島内を一周するプランで、1人200,000ルピア(約1,600円)。

行きたい場所伝えるとそこまで連れて行ってくれるし、移動する車も快適なのでオススメ!

車と言っても、荷台に乗るような感じだから冷房とかはついてません!

でも、自然の空気をたくさんを感じられるので気持ちが良いよ。

④レンボンガン島のオススメスポットは?

1.大迫力の水しぶきを楽しめる「Devil’s Tears」

IMG_1942

「Devil’s Tears」は、大波が岸壁に打ち付けられて、大きい水しぶきを楽しめます!

断崖絶壁なので迫力も満点!

虹が出来る時もあるのでチェックしてみて♪

場所名:Devil’s Tears

住所:Jungutbatu, Nusapenida, Jungutbatu, Nusapenida, Kabupaten Klungkung, Bali 80771

2.フォトスポットとしても人気の場所「Yellow Bridge」

IMG_2068

「Yellow Bridge(イエローブリッジ)」はレンボンガン島とお隣のチュニガン島をつなぐ橋!

黄色の橋が可愛くて、フォトスポットとしても人気の場所。

場所名:Yellow Bridge(イエローブリッジ)

住所:Jungutbatu, Nusapenida, Klungkung Regency, Bali 80771

3.南国気分を味わえる「Mahagiri Resort」

IMG_2010

ホテル「Mahagiri Resort」の敷地内のビーチは、南国気分を味わえます!

砂は真っ白で、海は透き通ったブルー!

可愛いブランコもあります!ヤシの木も沢山生えてて、フォトスポットにも◎。

IMG_2009

場所名:Mahagiri Resort

住所:Banjar Kaja Desa Jungutbatu, Nusa Lembongan, Nusapenida, Kabupaten Klungkung, Bali 80771

4.ランチは「The Deck cafe & bar」で。

IMG_1145

「The Deck cafe & bar」は海が見えるカフェ!

美しい海を眺めながら食べるご飯は絶品♪

インドネシア料理のミーゴレンとナシゴレンを食べました!

IMG_2093 値段はミーゴレン・ナシゴレン共に65,000ルピア(約500円)。

店名:The Deck cafe & bar
住所:Batu Karang Lembongan Resort, Nusa Lembongan, Jungutbatu,
Nusapenida, Kabupaten Klungkung, Bali 80771

⑤バリ島へ行くなら離島にも出掛けてみよう!

IMG_2099

バリ島も良いですが、バリ島から行ける離島には、更なる魅力が沢山詰まっています♪

海の綺麗さも離島の方が圧倒的に綺麗!

レンボンガン島は日帰りで行くことも出来るので行くことを全力でオススメします♪

バリカテゴリの最新記事